富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

白牡丹

 実生で縞柄のある木も作られ、一時本性品の価格にも影響があったと聞きましたが、今は相場も落ち着きを取り戻したようです。先日の全国大会にも何点か出品されていました。

  

中でも、次の画像の木は、天葉の白と下葉の紺とのコントラストが最高で、葉肉の厚さ、雰囲気の重厚さが全く違うように感じられます。

  

 この品種は慶賀と同じように、親木は次第に柄が暗んでいくため、良い柄の子を取りながら更新しないといけない木、というふうに思っていましたし、価格のこともあって、正直、手を出し辛い品種という感じがありました。しかし、後半の画像のような木ならば、「ぜひチャレンジしてみたい」と思わせてくれる、そんな魅力の詰まった作品でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

高知土産

 高知の寒蘭展&自生地見学の旅で入手したお土産フウラン3鉢です。いずれも山取り(多分)とのこと、お値段もそこそこだったのでつい求めてしまいました。あぁ、こうやっていつの間にか棚に収まらなくなるんだろうなぁ…。

 まずは「高知市内の五台山(?)で数年前に採取されたルビー根」との説明を受けた木。時折ボヤ虎も出すらしい。画像悪すぎですみません。数年前に入手したデジカメの画像ですが、使い方を覚える前に買い換えたのとブランクとでサッパリ、どこにピントあってんだか…。

いかにも高知産という感じの葉姿をしています。産地が高知なのは間違いなさそう。

 お次は1本子付きのしっかりした木です。「北川村又川産山取り」というラベルまで付いています。軸の泥が非常に強くまた付けを越えて広範囲に広がっており、ハッキリした虎斑と腰斑も入る特徴のある姿だと思います。7年くらい前の採取ということでしたが、花と根が普通なので今イチ人気が出ないのだとか。

優しい感じの葉姿です。金ロウ閣や花衣とは雰囲気が全く異なります。

腰斑が出るため軸の泥が赤味が強く感じられる所は真鶴と似てるかな

 最後は豆葉。名前は「福助」となっています。特徴としては薄い泥の透軸、付けは波。ラベルには丸弁となっていますのでおそらく天咲きの花が咲くのではないかと思います。この木だけは道の駅で買いました。コメやミカンなどと同じ農産物扱いで生産者名入りのシールが鉢に貼ってあるのはご愛敬。似たような豆葉を前の2つを求めた所でも見かけましたが、産地や名前などは忘れてしまいました。

スッキリした姿をしていますが豆葉としては個性にはやや欠けるかな?

フウランの自生量から推測するに、このような山取り豆葉は他にもそこそこあるのでしょうね


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

元祖ルビー根

品種名「金牡丹」 入棚年月日 平成18年5月

ついに入れました。木も根もすんなり伸びて大きくなるタイプとは異なるようですが、
むちゃくちゃ気難しいタイプでもなさそう…。子が3本付いているのが魅力です。
株に力が付いて、右側の一番下の葉くらいの長さで揃ってくれるといいのですが。
どうか枯れないでください。とりあえずはそれだけ…

だいぶ暗んでますが、紺線が走っているのが見えます。
縞が入ってくれれば…なんて言いませんから。

赤紫色の根。いいものはやっぱりいいですね。
右側手前の子は天葉が伸び始めるまで、育たないのでは?と心配しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30