富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

作場の環境

品種名「雷鳥(仮銘)」 入棚年月日 平成15年

青軸・青根の豆葉…兜丸とどう違うんだろう?

数年前に千葉県のT氏より入手した青軸・青根の豆葉品種です。
我が家に来た当初は、葉姿などそれなりに特徴があると思っていたのですが、
うちで出た葉はご覧の通りで、まさしく豆葉らしい姿になりつつあります。
こうなると兜丸や聖寿とどう違うのだろう?と新たな疑問に頭を痛めることに…。
襟合わせが兜丸ほど整然としていないように見えますが。

ベランダ栽培の自分の棚では殆どの木がこのような感じになってしまいます。
ゆったりした葉姿が魅力の品種には向かない環境です。

次の2枚の画像は西出都です。上は平成13年に来た当時の姿。下は去年のもの
です。前作者の棚では全ての木がガッチリと締まった姿にできていて、密かに
作のひとつの目標にしていました。多少伸びましたが今のところなんとか
基本的なシルエットは崩さずにきています。あとは葉肉をつけることが課題かと。
ただの西出都なのですが、小町姫というラベルがついていたら悩むかも…。
ちなみに鉢は3.5寸です。

むちゃくちゃ小型作りだった西出都

花ばかりで全然増えない老木みたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

棚取り選別品

品種名「無銘」 入棚年月日 平成14年10月14日

青軸・青根、中チャボ葉

近所の園芸店にあった並風蘭の中でちょっと葉寸の詰まり気味のものを見つけ、
青軸でもあったので迷わずお持ち帰り。陽強く、吹きさらしの我が作場にて、案の定
葉丈は更に縮み鑑賞価値が上がったと独り喜んでいます。

3年前の花時期の姿

青軸の木は花茎にもアントシアンが出ず、花時は緑一色で清々しい感じがします。
この木もつぼみの時が一番きれいだと自分では思っています。
決して富貴蘭ではありませんが、ささやかな楽しみの一つとしてご紹介しました。

つぼみと子房の淡い色合いが何とも言えず好きです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

都羽二重

品種名「都羽二重・御旗」 入棚年月日 平成13年7月12日

ヤフオクで入れて初めての冬越し中

都羽二重は以前から好きな品種でしたが求めやすくなったのを機会に入れた木です。
親木の柄が気に入ったのは言うまでもないですが、やはり御旗の子がついている点が魅力でした。
その後価格低下の勢いは止まらず、他の縞物品種と比べても下落の幅が大きかった方ではないでしょうか。

昨年の姿。作場の環境で葉姿がずいぶん変わりました

御旗の紺地が随分としっかりしてきたのは嬉しいところです。
親木の柄も少しずつ派手というか覆輪に近づきつつあります。それにしても反対側の子の柄の
地味なこと。養分の供給源として株全体としてはバランスを取っているのかも。

裏側にも御旗の子

裏側の御旗はまだまだ紺が甘く、独り立ちできる木になれるかどうか微妙です。
右下の紺の無い葉は冬越しに耐えられずこの春ポロリといきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

自生地山取の木 その?

品種名「佐野丸(仮銘)」 入棚年月日 平成16年9月25日

泥軸・泥根の豆葉、チャボ葉?


小丸より一回りくらい大きい木で、ボリュームはありませんがスッキリしています。
浜田市佐野町で大株立ちで発見され増殖も良い木とのことです。下の画像は親木。

細葉のためか株立ちになると結構賑やかな印象


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この木何の木?

品種名「不明(八重衣?)」 入棚年月日 平成13年12月11日

泥軸・泥根の白散り斑縞

去年の画像。柄はともかく左側下から2枚目のような姿の葉がかつては反対側にもあり、
その姿が面白くて入れた木です。付いていたラベルにあった銘は「国宝殿」だったのはご愛敬。
しかしその後出てきたのは全て普通の葉型でした。
親木の柄は暗んでしまい子に明るい柄が出るところなど、限りなく八重衣に近づいているような。
(もともとそうなのかもしれませんが…)
一緒に作ってみるとこちらの方が葉肉が厚いという違いがあるようにも思えます。

柄のよく出た子と孫

我が家に来た時の画像がありました。皆さんのご感想は?

現在とはずいぶん印象が違います

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

紀州白王

品種名「紀州白王」 入棚年月日 資料を点検中

先日ラビさんのブログに投稿したコメントに出てくる、紀州白王の超地味柄の種木です。
撮影は去年。左側の上から2枚に縞が1条ずつ入り、その後出た右側の新葉に一段と鮮明な太めの縞が入ってます。

なるほど陽が強くても焼けない。もっとも焼けるほどの柄も無いが…


1本の細縞から夢は始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

相性の良い玉錦

品種名「玉錦」 入棚年月日 資料を調査中

昨年の画像です。その後下葉が落ち(左右が順番通りではなく一つとばして落ちたのでバランス悪くぶさいく)、子の天葉がちょっと派手目になったものもありますが、まあまあの状態を維持してます。サイズがミニなのが本当の「にキズ」。よろしければおざぶを1枚…。

出雲Fさんから割ってもらいました


表と裏の子のバランスが今イチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

初めまして!

ようやく自分のブログ開設にこぎつけました。fu2ranさん、色々とアドバイスを頂きありがとうございました。ラビさん、お待たせです。皆さんどうぞよろしくお願いします。とりあえずはメインとなる富貴蘭の話題が主体ですが、余裕ができたら他のジャンルにも広げていきたいと思っています。デジカメ紛失中につき、しばらくは過去画像でゴメンなさい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2006-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -