富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

雪割草が咲き始めました

 ついに3月に突入しました。当地でも間もなく春蘭展があちこちで開かれ、いよいよ蘭の季節到来という感じです。フウランも長い眠りから覚めるまで、あと少しの辛抱ですね。

 さて、今日の話題はfu2ranさんもブログにupしておられた雪割草です。例年ですと3月も半ばまで蕾が固いままの我が家の雪割草たちですが、今年は2月の頭から花芽が動き出す鉢が出るなど、やはり暖冬の影響は顕著なようです。うちでは交配実生がやってみたくて花を買いましたので、いわゆる原種の有名品種は(手が出)なくてそれらのF1が中心です。花を選ぶほど種類もありませんが、咲き出したものからご紹介します。

 まずは紫中染めの花。fu2ranさんの花のように円弁ではありませんが、コントラストははっきりしています。花が咲き進につれて花弁も伸びたりカールしたりするので、この程度までが見頃かも。

花型が今ひとつなのと、ちょっとお行儀が悪いのが玉にキズ。

 次はダークサーモンピンクというか、ちょっと変わった色合いの花。渋めの感じが好みです。葉も銀葉で夏場も楽しめます。

昨年入手した標準花ですが、色合いが気に入っています。

 続いて天朝×初鏡F1の紫標準花。雄シベに紫色が乗るのは、♀親である天朝の血が受け継がれているからでしょうか。同じような花で春琴×初鏡F1もありますが、こちらの雄シベは緑味を感じる純白です。やはり♀親の血統かな。

花弁の裏が白いと色の褪めるのが遅いようです。

 今までのは全てオオミスミソウですが、次はケスハマソウの超有名品種「天神梅」のセルフです。葯の感じと葉質が全く異なりますし、雌シベの先端(蕊柱)を紅に染めるのが特徴です。

花型の良さと淡いけどスッキリした花弁の紅覆輪が綺麗です。

続きはまた近いうちにupしますので、どうぞお楽しみに。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31