富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

西出都黄覆輪

 5年ほど前に「銀世界」崩れとして入手した西出都。棚に来てしばらくは葉型の方ばかり気にしていましたが、天葉の色がどう見ても白ではなく緑を含んだ黄色に上がってくることに気づき、以来、ずっと観察を継続している木です。今までにも何度と無く画像をアップして来ましたので既にご存じの方も多いと思いますが、今回は黄金鶴と呼ばれる系統と比較した画像も交えて、少し詳しくご紹介したいと思います。

先日購入した黄金鶴と並べて写した画像。どちらも丁度天葉が伸びきって次の天葉が顔を出そうかというタイミングですので、比べて見るのには好都合です。最初は天葉から2枚目。上が黄金鶴、下が西出都黄覆輪。西出都黄覆輪の方は大覆輪化していますので黄色味が若干強く出ていますが、斑色そのものに関してはそれほど極端な違いは感じられず、どちらも黄色の覆輪と言っていいと思います。



ところが天葉を比べた次の画像ではその違いが歴然です。



こちらは上が西出都黄覆輪、下が黄金鶴。黄金鶴は普通の西出都と変わりのない白覆輪で上がっています。対する西出都黄覆輪は2枚めより天葉の方が黄色が強く、緑を含んだ色合いで上がってきていることがよく分かります。



左が親木の天葉、右が一番子の天葉。子の片側は親木以上に派手で下葉は真鶴柄です。



2番子は完全な真鶴芸ですが、斑色の性質は継続しているようで天葉の先端に緑が乗り黄色味も感じられます。右側の画像で袴の内側に芽当たりが覗いているのが見えますが、これから上は全て花芽跡ですので増殖は厳しいかもしれません。今付いている子木たちに頑張ってもらわねば。

これからもこの木の様子は折を見てご紹介したいと思います。









このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今春の新入りたち

 4月の四国の会は涙を呑みましたが、その後の淡路、鳥取、浜松と3つの展示会、それに連休中の高知Nさん宅の4ヵ所を回りました。それぞれの機会に少しずつ気に入った木を購入しましたので、成長記録用を兼ねて画像をお届けします。

淡路の展示会場で購入した黄金鶴。ラベルは西出都ですが、現物を見てその色合いに納得して持ち帰りました。天葉の斑色は普通の乳白色で2枚目から黄色に爆ぜていきます。我が棚の期待の星、西出都の変わり(黄口)と比較検討するのために棚入れしました。



次は高知のNさんから分けて頂いた徳島産虎と五台山産ルビー根。虎は新葉の斑が白く爆ぜて綺麗、でも根は泥。五台山のルビー根は以前に別の所から入れた木と同一と思います。そうであれば非常に澄んだ綺麗な根を伸ばしてくれるはずで期待しています。



鳥取の展示会では3本購入。建国殿No.8の割子、中野覆輪、そして島根県出雲産の紺中通し(萌葱大覆輪)です。建国殿は葉縁にはっきりと黄縞が入っており出世を期待したいところ。中野覆輪は親子で即売に出ていた内の子木のほう。でも既に当たりが2つきており株になってくれると思います。最後の地元産の木はだねさんのブログでも紹介されていたもので、5鉢に増殖されたうちの1鉢を初めて出して頂きました。







ラストは浜松で仕入れた黒牡丹。ラベルは単に黒牡丹ですが、墨や絣縞などあちこちに変化の期待を持たせる仕込みが隠されているようで楽しみです。根色も紫味が強くこちらも見とれてしまいます。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

浜松大会

 このブログをご覧の皆さん、長らく失礼しておりました。
昨年の四国富貴蘭会花会の記事以来ほぼ1年ぶりです。ここまで来てしまうと何かインパクトのある出来事(=きっかけ=言い訳)が無いと再開し辛くて、暫くその機会を窺っておりました。この度日本富貴蘭会の全国大会に行って参りましたので、そのご報告をというお誂え向きの口上ができ、漸く覚悟を決めた次第です。

さて、今回は仕事の都合で初日のみ、それも3時頃までという限られた時間の中での参加でした。展示品の一般公開が遅れ、その上痺れを切らした同行者からの再三の呼び出し攻撃(=帰るぞ、迎えに来いコール)におろおろしながらの撮影でしたので、ピンボケ・手ぶれだらけの悲惨な画像です。また、ご紹介するのは特に関心があるほんの一部の品種だけですので併せてご容赦下さい。

最初に西出ファミリー。玉錦の金・銀・銅賞の各作品です。



作っていると鶴が出易い品種ですので、単純に本芸の数を揃えるだけでも大変です。

西鶴の大株、隼の2作品。


西出変(ラビさん風には「にしでへん」)、銀世界。


お次は天玉宝の金・銀・銅賞受賞作。



最後は今年の内閣総理大臣賞受賞作品、地元静岡のSさん出品の白牡丹です。
株としての姿やバランスよりも、1本いっぽんの木の芸の素晴らしさにため息を漏らしてしまいそう。











このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2011-05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -