富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

第4回島根富貴蘭会展示会

 去る22、23の両日、出雲市(10月1日に斐川町はお隣の出雲市と合併しました)の道の駅湯の川にて、所属している島根富貴蘭会の展示会が行われました。私は所用で初日は参加できませんでしたが、空模様にも恵まれ多くの方々に楽しんで頂くことができました。お越し頂いた皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。画像ですが、まずは会場風景から。もうおなじみの風景ですけど、今回からは水石の展示もご一緒させて頂きました。祠の中にはどなたかいらっしゃるみたいです。



 さて、今回の展示は西出都とその変異品種特集ということで、展示スペースの4分の1ほどを充てました。西鶴の姿がなかったのが残念でしたが、西出都から出た縞や王冠(芸)などなかなか目にすることが困難な木もあり、わざわざ会場へ足を運んで頂いた方々にも満足して頂けたのではないかと思っています。




 今回の目玉、西出都の縞の詳細画像です。まず全体を。右側にあるのが親木です。よく見るとまだ縞っぽい柄行きの子が付いているように見えますが…。



 夏の展示時には手前に派手な子が付いていましたが、今回はその姿がありませんでした。左右の葉のをアップにしてみましたが、柄が良く割れているのが分かります。



 覆輪品種と縞品種の銘品たち。株立ち揃いで何時見ても感心させられるのですが、新しい苔に植わった姿が清々しいです。





 金牡丹も人気の大型になるタイプの株立ちです。う〜ん、やっぱり良いものは良いですね。



 豆葉も迫力のある新入りが登場しました。ボリュームある豆葉の代表といえば天玉宝ですが、並べてみても全く負けていないどころか凌駕する勢いがあります。



 今、話題の吟風は手前の子は柄も良く、今後の成長が楽しみです。右側は同漢字の
木がありますが、こちらは「あっぱれ」と読みます。近畿富貴蘭会への登録も予定されているとか。アマミの縞・覆輪はブームですね。



 最後にもう一つ、今回の展示会で(関係者の間だけで)密かに話題になっていた木をご紹介します。まずは画像だけで少しずつ肝心の部分に迫っていきますので、ウケた理由をご想像ください。



 2枚目の画像までは変化花?と思われた方もいらっしゃるでしょうが、この木の話題は花が終わった後の花茎にあります。茎頂と花の下の抱葉の部分になんと子らしき芽が付いているのです。雑誌の記事にもなっていた記憶があるのですが、これがフウランの「高芽」というやつではないでしょうか。ご存じの方がおられましたらお教え頂けると喜びます。

 ブランクの反動のような、長々としたお喋りにお付き合い下さり有り難うございました。本当の最後に石の画像をもう一枚ご紹介します。会場でも2日間ずっと、訪れる方々をくつろいだ格好で眺めておられました…。





 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

東洋蘭総合大展示会at上野グリーンクラブ

 皆様、こんばんわ。

 大変長らく失礼してしまいました。
きっと、「今年は例年にも増して息切れが早いではないか!このまま冬眠か?」、と思われていたことでしょう。実は、愛用のカメラが壊れてしまい、買い換えに手間取って画像のアップが出来ないという事情があったのです。1僖泪ロ機能が気に入って、このところリコー社製品を使い続けているのですが、初代のR3はうっかり自家用車の天井に乗せたまま発進、交差点を右折した際に路上に放り出され、後続車に轢かれて敢えなく昇天。ヤフオクで購入した2代目は、この夏、娘の英国旅行に同伴させたところ、大英博物館でロゼッタストーンを撮影後、突如レンズ収納が出来なくなり、そのままご臨終となりました。R3〜5なら手持ちの充電器や予備バッテリーがそのまま利用できるのでとても助かるのですが、ドライバソフトなどのサポートが、Windows7の64ビット機に対応していないという問題点があり、結局最新型CX5の導入に踏み切りました。これで今後はクリアな画像をお届けできるのではないかと思っています。

 さて、ブログ再開初記事は、東京の上野グリーンクラブで先週末開催された東洋欄の総合大展示会の様子です。まさか上京するような機会があろうとは思っていませんでしたからラッキーでした。会場は季節柄、どうしても寒蘭が主体で富貴蘭は3割程度でしたが、秋の充実期ということで特に柄物の冴えが見事でした。

 まず最初に大好きな金牡丹から…



 次はいわゆる系統木、



 今をときめく豆葉の縞たち、



 最後に歴史ある大銘品から新進気鋭の木まで、



 おまけに会場で求めたお土産を3点ほど。奄美の実生が2本と都鳥です。



 最初の木は「白縞が出て後冴えの虎」、次の木は「青軸青根の黄縞」(現状でも8割方覆輪が完成しており化け狙い)、最後の木は東北の名作者から出た木の増え芽とのこと。やっぱり富貴蘭は丈夫が一番ですね。















このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -