富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

青海型の変わり花

 先日の展示会でも紹介しましたが、青海型の変わり花は一つのカテゴリとして興味の対象でもあります。我が家で樹海と雲海の花が咲きましたので、黒龍の後から着いた蕾が開花したものと併せて画像をご覧頂ければと思います。 

まず最初は雲海。蕾が付いても油断がなりません。今年はすんなり咲いてくれました。


次は樹海。青海より花が早いようです。


黒龍の花とアップ。遅く咲くと花色の冴えが良いようです。ウサギの耳も…
 

最後は3者の花(大きさ)比べ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

初夏の釣行&釣果

 記事の日付が前後してしまいましたが、今年の5、6月は3回隠岐に行きました。内、2回は大物のお土産付き。以前は粘っても時間ばかり過ぎていたのに、このところ何だかやけにあっさり釣れてしまうような感じもしています。

5月の隠岐島前の穏やかな内海。82僂歴蕕錬温羇箸妊侫セ釣りをしていて来たもの。
 

今日はもう釣れないかな?と半分諦めかけていたら来た鯛。玉網は取り込んでから扱いをしくじってやらかしました。決して魚の力ではありません。
 

でも釣りに行く前にぎっくり腰になったり、行ってから磯で転倒して足首を捻挫したしたりと、確実に肉体の衰えを感じるようになりました。そのうち魚にやり込められるかも…。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

島根富貴蘭会第5回展示会 その3

 梅雨前線が少し南下しているようで、山陰は晴れ間が広がる時間帯もあります。でもこの時期は南と北の高気圧がせめぎ合いをしているので、前線も上がったり下がったりと油断がなりません。

さて、今日は青海型の変わり花と鉢の画像です。会場では代表的品種の青海と黒耀、黒龍、それに売店で実生品種の姫青海の花が咲いていました。 
  

 

この青海の鉢は丹波焼き、焼き締めのいい感じが出ています。

  
昨年の展示会にも出ていた、大田市波根町産の桃花。俯き加減の蕾が、何とも言えない風情を醸し出している味わい深い花と思います。決して濃い訳ではありませんが、距を染め花弁に意外と大胆に紅を散らした様子はちょっとお転婆な娘のようでもあります。
  

  

最後は豆葉の大株と地元袖師焼きの作品のコンビネーション。全国的にも有名な宍道湖の夕景をモチーフにした絵付けです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

島根富貴蘭会第5回展示会 その2

 今日は展示会の花画像を少々。その後棚では羅因の光、西出都や佐須丸など早咲きの品種が咲き始めています。しかし、同時に梅雨も末期を迎え、雨が続いていてなかなかベランダに出られません。展示会場近くでも、先日時間雨量70个旅覬が降りました。 

   

  

  

  
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

島根富貴蘭会第5回展示会 その1

 皆様、またしてもご無沙汰です。 

 土、日に地元の展示会が行われましたので、その様子を紹介させて頂きます。
本当は昨日画像アップの予定だったのですが、何故かデジカメの画像をパソコンに取り込むソフトが起動せず断念していました。今日、そのことを会場で話すとある方が一言、「パソコンで何ぞあったら再起動だがね」。そうでした、すっかり忘れていました。

 土曜日にお越し頂き早速画像をアップして下さっただねさんや、会の広報担当(?)BUDOさんのブログの画像とカブらないように、ということで今日は会場紹介です。

会場の道の駅湯の川の施設全景。右奥の銀色のとんがり屋根が温室です。


入り口には食事の案内掲示。我々の催しもしっかり宣伝して頂いてます。


入り口からまっすぐ奥へ、温室に入ると石がお出迎え。富貴蘭の姿は未だ見えず。


右手に視線を振ると…あっ、ありました。


石の席飾りに続いて、        富貴蘭の株、花たち。
  

一番奥にも 、            そして最後に、即売品コーナーへ
  
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2012-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -