富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

成長期

 先日、ご報告したばかりの金閣と至楽です。ゆっくりズムの最先端を走るようなフウランで、しかも木勢十分とは言い難いサイズと作に気を遣う品種の両者ですが、さすがに成長期、半月余りの間に結構変化が見られるものです。

 

金閣の天葉がかなり伸びてきています。紺もしっかり乗っているようで、有り難い限りです。新根の脇に待望の芽当たりが来ました。今付いている子は入手時には既にありましたので、うちの棚に来てからは初めての子芽です。多少は木に勢いが出てきたおかげでしょうか。

  

至楽の花芽が動き始めています。花は勿論、木自体を見る機会の少ない品種ですので、咲かせてみようと思っています。開花したらまたご報告します。こちらも天葉がだいぶ伸びているのがお分かり頂けると思います。伸びんな〜と思っていたルビー根も、画像で比較してみると僅かではありますが、確実に伸びています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

花比べ 宝錦 vs. 龍泉錦

 未だに自分の中では「何となく違う」域を脱出できない宝錦と龍泉錦、天領ですが、花の季節になりましたので、ryu-papasantaさんのリクエストにもお応えする意味も込めて画像による花(茎)比べを行いたいと思います。

 第1回は宝錦と龍泉錦です。宝錦の方は千葉の業者さんからの入手品。ラベルには紫雲殿の文字が。一方の龍泉錦は四国の会の交換会で入手したものです。棚では両者を並べて栽培しています。波板のすぐ下、一番光線の強い場所ですので、紺地はかなり薄めに仕上がっています。ではどちらがどれと言わずにご覧頂きましょう。

 

  さて、如何でしょうか?

 初めの2枚は同一の花茎を反対方向から見たもので、後の2枚は同じ木ですが親子の株の別の花茎を写したものです。そのため後者の2本には柄の多少を反映して若干色合いに違いが感じられますが、前者との差はそれとは比べものにならない位大きいことがお分かり頂けると思います。花軸のアントシアニンの乗り具合に大きな違いが見て取れます。

 ちなみにラベルの名前は、初めが龍泉錦、後が宝錦です。軸の色は龍泉錦の方が赤黒いイメージが強いのですが、花茎では逆の結果になっています。もう少し経つと龍泉錦の個々の花の様子も分かるようになると思いますので、花の大きさや形も比べてみたいと思います。それと忘れていましたが、天領はまだ花芽が動き出していません。スタート時点で差が発生しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今年の花は早いぞ

 開花しました。棚の第1号は石見三隅産縞です。夜はあの香りが漂っています。一年ぶりですねぇ。

  

 うちは伸びた花芽は咲かせています。あちこちで花芽が伸び始めていますので、覗き込んでいたら珍しいものを発見しました。小丸の蕾です。

  

 例年開花トップを争う佐須丸です。蕾のこの時期が、距の紅の乗り具合が一番良く分かります。咲けば透明感のある極淡いピンクです。

  
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

隠岐知夫里島釣行

 富貴蘭ネタの合間にちょっと釣りに出かけてきました。知夫フィッシングツアー、2013版その1です。今回は相棒のホームグラウンドが先客で確保できませんでしたので、立ヶ崎という磯にあがりました。大山隠岐国立公園、大自然のど真ん中です。

  

1枚目の画像。いつもこんな感じで野宿してます。段ボールを敷いて寝るのですが意外なくらい凸凹が気になりません。2枚目の画像は南側の釣り場を激写。すぐ近くに見えますが、歩いて渡ることはできません。

  

北側の湾の奥には地質学の研究者が見たら泣いて喜びそうな風景が。

 今回の肝心の釣果の方は…

  

そうそういつも大鯛が釣れる訳ではなく、マダイ、グレ(メジナ)、イサキ、アジ、ハマチ(ワカナ、ヤズ)、メバルの五目釣りでした。一番大きいのがグレ(メジナ)の43僉概して食べて美味しいサイズです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

白牡丹

 実生で縞柄のある木も作られ、一時本性品の価格にも影響があったと聞きましたが、今は相場も落ち着きを取り戻したようです。先日の全国大会にも何点か出品されていました。

  

中でも、次の画像の木は、天葉の白と下葉の紺とのコントラストが最高で、葉肉の厚さ、雰囲気の重厚さが全く違うように感じられます。

  

 この品種は慶賀と同じように、親木は次第に柄が暗んでいくため、良い柄の子を取りながら更新しないといけない木、というふうに思っていましたし、価格のこともあって、正直、手を出し辛い品種という感じがありました。しかし、後半の画像のような木ならば、「ぜひチャレンジしてみたい」と思わせてくれる、そんな魅力の詰まった作品でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

至楽

 全国大会の雛壇に上った至楽。会長さんの木で立派な株立ちなのにも感心しましたが、1本1本を見ると紺の部分が多く、縞になっている子も有るくらいの地味目な柄に目が釘付けになってしまいました。

  

 昭和の終わり、まだ富貴蘭を始めて日も浅い頃、田口源夫さんの「富貴蘭」という立派なカラーの本で見て以来、何時かは自分でも作ってみたいと思っていました。近年、ようやく登録され、木の性質など栽培上のポイントになると思われる情報もぼちぼち入ってくるようになり、泥根を出す系統が作り易いと聞き、先日ようやく棚に迎えることができました。

  

泥根を出すと言っても数本に1本あれば良しという程度。基本ルビー根ですから画像のように殆ど伸びてくれません。この木は昨年泥根が1本出てかなり伸びたようなので、苔の下で今年も継根を伸ばしているのかもしれません。

  

高知産のこの木は葉先が尖り、余り葉幅を引かないのでシャープな印象です。姿が山陰産のものと似ており、何処か親しみを感じます。棚では金牡丹と並べて管理していますが、果たしてどうなるか。既にアントシアニンをかなり浮かべていますので、暫くはもっと日陰で管理した方が良いのかも。

  







このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

金牡丹

 金牡丹のルビー根が伸びだし妖しい光を放ってくれています。ルビー根を名乗る品種もかなり増えてきましたが、ルビー根未満やなんちゃってルビー根は言うに及ばず、本性ルビー根であっても、固まって白くなった部分と成長中の根冠部分の境目付近は、色が薄かったり場合によっては若干の濁りを感じさせるものが大半です。その点、金牡丹のルビー根は均質で濃いピジョンブラッドのルビーで別格だと思います。

  

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

黒龍

 昨年棚入れした黒龍、地元と鳥取の展示会で披露させて頂きましたので、ひと冬越した現在の姿は成長記録としてご紹介します。

 先日の全国大会の会場でも、新規登録品種として飾られていましたが、その木と比べてもサイズ的には引けを取らない大きな親木です。根もうどんのようなぶっとい根をしています。これも全国大会で雛壇に飾られていた錦水と根の太さはどっこいどっこいの良い勝負だと思います。葉巾は天玉宝と変わらない位のボリュームで、まず間違えようのない木姿ですね。

 

 冬前に下葉を2、3枚毟りました。まだ左右1枚ずつ前々作者の棚時代の葉が残っています。直刀葉から湾曲葉へと姿が変わっていますが、うちに来てこれがまたどうなるか。子も上子なのでかなりの大きさです。去年は根が1本しかありませんでしたが、今年3本の新根が下りましたのでもういつでも割れる状態です。というか、根の間に当たりが見えるのですが、余りの根の太さが仇となって押しつぶされはしないかと心配です。

 

 今年はどういう訳か、どの木も花芽の動き出しが半月ほど早いようです。この黒龍、前の棚は年末から加温栽培をしている所でしたので、昨年の花は紅、緑の乗りが今イチでした。冬の寒さにしっかり当てて開花時期が遅いほど色が乗るとのことですので、今年は山陰の屋外でしっかり凍えてもらいましたし、どんな花色で咲いてくれるか楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

建国殿縞(No.136)

 昨秋の鳥取富貴蘭会展示会で入手した系統ものの割子です。系統ものはよほど信頼できるルートからのものでないと手が出せません。特に増え芽を出すつもりがあるならなおさらです。今のところ、このNo.136とNo.1、No.8の3鉢がありますが、いずれも信頼度は限りなく100%です。肝心の柄の方はこの木が一番。地味ですが黄縞が中斑状に入っていますので、根もルビーを期待していたところ1勝1敗1分けでした。1分けは本当に根の半分がルビー。富貴蘭にはよくあることです。残念なのは芽当たりが2つとも花芽っぽいこと。

  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

翠宝

 清水からPart2ということで、今回は翠宝です。富貴殿や満月より先に翠宝を棚に入れるというのも何だかなあ、とは思いましたが。

  

 子への柄の継続性が良い品種と言われていますが、この木に限ってはそれほどでもなく、幽霊を1本はずし、現在付いている2本の子も1本は片柄です。親木は寸の詰まった下葉をふるって見易くなりましたが、子は下葉を焼いてしまいプラマイ0むしろマイ、と死語となったギャグ同様の状態です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

金閣

 全国大会も終わり、今年も普段お目にかかれない株立ちや稀少品種をじっくり見て、愛好家の皆さん方とお喋りすることができました。いつもながらに思うのですが、素晴らしい作品を間近に観察する事ができる絶好の機会であり、富貴蘭界の時流と動向を窺い知るチャンスでもあるこの大会は、片田舎の趣味者にとっては有り難い存在です。

 さて、そんな新しい風に当たるようになってからかれこれ10年近く経つのですが、歴史的銘品だけでなく新進気鋭のスターも作ってみたいと、初めて清水から飛び降りる覚悟で棚に入れたのが金閣と翠宝でした。

 金閣は、背に紺がひと筋あるかないかの派手子付き。親も小さなミニサイズ。この2年ほどでようやくサイズアップし、下葉が落ちて総枚数は減ったものの木姿としては見やすくなってくれました。



 今年は新根が4本出ています。うち3本が泥で1本はルビー。現状まずは木勢をつけることが至上ですから泥根が多いのは有り難いです。ルビー根の方も至楽などのそれとは違い、伸びは遅いもののそれなりに足しになりそうな長さにはなってくれそうですので数のうちです。

 

 ちなみに鉢は3号、やっぱりまだまだミニですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2013-06 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -