富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

瑞雲と紅玉の華G

 富貴蘭の黄花と紅花。改めてじっくりと眺めてみると、なかなか味わい深いものがあります。

瑞雲は開花2日目辺りでしょうか、この後色が急速に褪めて行きます。それでも純粋なフウランの黄色としては1級品。ちなみに撮影条件によっても随分と発色に差が出るものです。いずれも機械任せのオートなのですが…。

 



紅玉の華Gは安定してこの花型、この色合いです。ルビーとまでは行かなくとも充分鑑賞に堪えうる根色と共にお気に入りの紅花です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albireo.dtiblog.com/tb.php/213-3d357ace

« 豆葉の花たち   | HOME |  大観に花芽が… »

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -