富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

黄口の西出都(王冠)

 今日は朝から何だかムシムシといや〜な空気の空模様でした。県の西の果て津和野から山口県の須佐、阿東に賭けては観測記録を塗り替えるほどの豪雨。自身も昭和63年の浜田豪雨で罹災した経験があるからでしょうが、良く知っている所が被災したと聞くと他人事とは思えません。

 さて、ヤフオクで入手した銀世界(崩れ)から進化して、今のところ斑の色あいも固定している黄口の西出都(王冠)です。出芽の緑を含んだ色合いから黄色く爆ぜていく様子は、実に美しいものだと自画自賛。

 

 もともと西出都は花着きがとても良い性質なので、1年に花茎が2本立つことも珍しくなく、おまけにこのところやっと出た子が2本続けて真鶴柄ばかり。大子1本からの増殖が遅々として進みません。

 

今日、株本を何気なく見ていると意外な所に子芽を発見!かなりの下子ですから大きくなるのに時間がかかるでしょうが柄に期待です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

こんにちは、素晴らしい王冠ですね。1番仔?も大きくなりましたね。西出の変化は面白いです。

Re:

愛媛のきんたさん、こんばんわ。

実物を四国の会に持っていきましたのでご存じでしたね。
増殖させてお分けしたいのですがなかなか…。
西出は本当に面白い品種だと思います。
変異の幅が広いこととそのメカニズムが分かりそうで分からないところ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albireo.dtiblog.com/tb.php/216-f1280bac

« 金牡丹黄縞  | HOME |  金閣の植え替え »

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -