富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

活動再開−秋の章

品種名「富士錦」 入棚年月日 平成15年7月10日

相変わらず残暑は厳しいですが、朝晩は秋の気配が一段と強く感じられるようになりました。
さて、花の画像はまだ撮り貯めたものがあるのですが、鮮度がイマイチなので話題を変えます。
かなりの株の根が再び動き始めていますが、今日は富士錦を取り上げてみました。
ハカマの影響で伸びられずにいた春の根から秋根が伸び出していますが、太さの違いが極端。こちらは派手側。一見覆輪っぽくも見えます。

割り子のウブ木ですがこれまで花ばかり付いていて、今年ようやく子の当たりが来ました。
こちらは地味側。とは言っても柄はそこそこ割れている所もあります。

親木は超地味、と言うより殆ど青ですが、それなりの柄の子がでるのは富士錦の性かな?柄のありそうな明るい色の芽なので期待したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albireo.dtiblog.com/tb.php/38-85c08c2e

モンクレール ダウン

富貴蘭の杜 活動再開−秋の章

« 建国殿縞  | HOME |  前半戦の経過報告 »

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -