富貴蘭の杜

富貴蘭栽培を中心に、鉄道、釣り、旅行、天文など趣味の話題を綴っていきたいと思います

実生雪割草の初花?

 時期的に旬をとうに過ぎてしまいましたが、記録の意味で我が家の雪割草たちの実生初花を幾つかご紹介します。芸としてはたいした物はありませんが、やはり種から手を掛けて育てたせいか、どれも可愛い花たちです。

 最初に二段系の交配から。

 赤二段×総紅のセルフから出た千重。

 
 どの鉢を撮影したか忘れましたが、この手の日輪は多いです。

 
 春琴×初鏡F1のセルフ。この交配は段咲き発生率高し。

 
 ピンク二段のセルフ。この親株は多弁花なのか二段なのか迷うような花ですが、雄シベがあって自家受粉が可能です。子もほぼ同じような花が咲きますので遺伝性は強いと思われます。花弁数が多いので賑やかな感じです。




 赤の二段。二段弁の色が抜けてくれると色対比が良いのですが。

  
 紫丁字?二段唐子?親はラベルを見れば分かります。


 最後は白二段。白い花もホッと一息つきたい時にはいいですね。
この花には確か三段の血が入っているはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://albireo.dtiblog.com/tb.php/88-83fdf4be

« 山口大会?  | HOME |  実生雪割草? »

PAGE TOP ▲

Appendix

山猫です。

山猫です。

デハニ50形の運転台。今日の電子機器がずらりと並ぶそれと比べると何とシンプルなことか。


Search

Calender

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -